ニュース
2016年8月 3日

静岡県男女共同参画社会づくり活動に関する知事褒賞を受賞

集合写真12.jpg

当社はダイバーシティ経営に取り組んでいます。その一環として、男女共同参画の推進への積極的な取組みを評価していただき、平成28年7月25日に静岡県川勝平太知事より知事褒賞を受賞しました。(写真=受賞者集合写真 後段左から二人目が当社社員)

ダイバーシティ経営とは、企業が多様な人材を活かし、能力を最大限発揮できる機会を提供することでイノベーションを誘発し価値創造実現する経営手法のことです。

当社は多様な個性(男性、女性、外国人、若手、ベテラン、障害者等)がそれぞれの能力をいかんなく発揮し、多様な経験やアイディア、知識を業務に活かすことができる環境の創造、すなわち『誰もが個々の能力を最大限に発揮できる会社』を目指しています。
まだまだ改善・整備していかなければならないことも多いですが、中小企業の取組み内容としてご評価いただいたものと捉え、名実ともにこの賞にふさわしい事業所となるべく今後も積極的に活動を推進してまいります。

<活動内容(受賞理由)>

◆女性や外国人の採用に力を入れ、平成19年からは女性総合職を積極的に採用。女性更衣室や女性トイレ等社内環境も整備し、技術部、営業部へも女性を配置。技術職の女性は平成19年当初の2名から19名へと約9倍に増加している。また外国籍女性も営業職で活躍している。

◆女性の職域拡大の取り組みとして、本人の希望による一般事務職から総合職(技術職)への職種変更を推進。現在までに2名が変更している。また、社員のスキルアップのための研修や資格取得の支援にも力を入れている。

◆育児休業や介護休業等の制度を整備し、男性社員が育児のための時短勤務や、介護休業を実施した実績がある。