2009年入社

開発部 開発課

杉本 隼人
(すぎもと はやと)

出身学部・学科:生産工学部・機械工学科

オーカワラを選んだ理由

大学の時に勉強をした、機械設計や熱力学等を活かせる会社であると感じた事が決め手でした。また、インターンシップにて、設計や製造業務を見学・体験する中で、お客様の要望に柔軟に応えられる独自の技術力を感じたことや、試験で若手の先輩方が活躍する姿を拝見できたことも、入社を決めた大きなポイントでした。

現在の仕事内容

お客様のニーズにあわせて新規装置の開発をするだけでなく、お客様の製品の付加価値をさらに向上させられるよう、既存装置の機能・性能の改良もおこないます。開発装置は乾燥分野に限らず、環境問題や生産性向上に向けた問題解決の一助となる省エネに関する提案や、湿式の分散機等の新規装置の開発もおこなっています。

仕事のやりがい

開発部は新しい装置や現装置の改良を進めるため、他部署との綿密なやりとりや幅広い知識が必要となります。そのため、大変だと感じることも多いですが、新規開発の設計から製造、実験、評価など、装置完成までの一連の仕事を担当することができるので、自分が設計したものが装置になったときは、開発部だからこそ味わえる、やりがいや達成感を感じることができます。