Case5

連続スプレー流動造粒乾燥装置 スプリュード
液体天然物質を一気に重量顆粒に!

導入前の課題

新たな素材の製品化

食品会社のS社様では、今までにない優れた機能性を海産物から抽出した天然素材から発見しました。しかし新たな素材を発見できたものの、素材を製品化するノウハウがありませんでした。また、新事業を低コストで立ち上げるために、高効率の連続運転できる自動化した設備とする必要がありました。

当社の提案

スプレードライ+流動造粒機=スプリュード

液体からの造粒は、スプレードライヤーにて粉末にしてから、流動造粒機で造粒という製造工程が今までは一般的でした。しかし、このスプリュードであれば、1台で液体原料を一気に顆粒にすることができます。また1台で行えれば、人手をかけることなく、また省スペース化をも実現できます。このスプリュードであれば、S社様の要求を満足できるものと考え、提案させていただきました。

スプリュード模式図

導入後の成果

低コスト・連続運転・自動化の製造ライン

海産物から抽出した天然素材の優れた機能を損なうことなく、低コストかつ高効率で製品化する生産ライン・システムを短期間で納入することが出来ました。また当社のノウハウと試験設備を活用していただき、迅速に製品のサンプル作りが進み、製品化までにかかる時間を大幅に短縮できました。