H-VCD Dryer

分類
  • 乾燥
 / 業種
液体の濃縮乾燥機としてさまざまな用途・分野で活躍しているCDドライヤーは、多数の納入実績があります。

蒸気圧縮型ヒートポンプ式濃縮・乾燥機H-VCD ドライヤーは、このCDドライヤーにヒートポンプシステムを組み込み、材料から蒸発した水蒸気を圧縮し加熱源として再利用するシステムです。

[ 技術提携先:株式会社西村鐵工所 ]

特長

  • ヒートポンプシステムにより、従来機に比べエネルギー消費量を1/2〜1/5まで削減
  • 伝熱面はスクレーパーにより常にかき取られているため乾燥物の付着がなく、高濃度まで濃縮・乾燥ができる
  • 多段ディスクの両面を伝熱面として使用するため装置がコンパクトになり、設置が容易
  • 1パスで濃縮、乾燥するため濃度調節が容易

フローシート図解

補助蒸気を供給し、ディスクを内側より加熱させます。凝縮水は原液予熱用熱交換器を通り、真空ポンプによって排出されます。

原液は原液予熱用熱交換器で加熱され、乾燥機内の循環タンクに供給されます。

循環ポンプによって各ディスク面に供給された原液は、濃縮、乾燥されてスクレーパーにより連続的にかきとられます。

蒸発した水蒸気は圧縮機により圧縮され、加熱源としてディスクに供給されます。補助蒸気の使用量が減少し、エネルギー消費量が大幅に少なくなります。