大川原製作所 企業サイトはこちら

事業展開や理念、行動方針の浸透

事業展開や基本方針の更なる浸透を図り、
会社のベクトルと社員のベクトルを合わせ、計画達成のための推進力を強化する。

2017年度

2018年度

2019年度

2020年度

2021年度

2022年度

活動報告

  • 経営理念や行動方針の言語化、チャレンジできる仕組みづくり【2017年度】

    評価や判断基準、採用基準に会社の考えを展開するため、社是や経営理念をかみ砕いて、具体的なワードで表現をしていきます。

    当社にとっての「まじめ」とは?「元気」とは?「さすが」とは?具体的にはどのような行動?人物?当社が目指す「エンジニアリング企業」とは?どんな会社?全社員を巻き込んで考えます。

    いつでも確認できるように携帯できるカード(例)を全社員へ配布します。

  • HATARAKUに当社紹介記事を掲載しました【2018年度】

    当社紹介ページ

    一般社団法人吉田町まちづくり公社発行冊子、Hata-Raku(旗楽)に当社紹介記事を掲載しました。当社で活躍する女性技術者の仕事やOKWoMenの活動内容を紹介しています。

  • 90周年記念式典で経営理念、行動指針の共有をおこないました【2018年度】

    経営理念、行動指針の共有をおこないました

    OKWoMenでは、2017年より事業展開や基本方針の更なる浸透を図り、会社のベクトルと社員のベクトルを合わせ、計画達成のための推進力を強化する取り組みを行ってまいりました。90周年記念式典では、全社員の意見&OKWoMenのコラボレーションにより創り上げた行動指針「SIMPLE」の発表をするとともに、経営理念や「SIMPLE」をイメージVTRにまとめ、全社員に放映をしました。

    行動指針「SIMPLE」とは

    1. Satisfaction 満足 お客様の満足を超える製品・サービスを追及します。
    2. Innovation 革新 基本を徹底し、革新・創造に挑戦し続けます。
    3. Motivate 動機づけ 組織を超えて目的を共有し、チームでやりぬきます。
    4. Promote 促進 目標達成のために、柔軟に、そして粘り強くスピーディに行動します。
    5. Leadership リーダーシップ 立場にとらわれず、1人ひとりがリーダーシップを発揮します。
    6. Environment 環境 社員の多様性を尊重し、働きがいNo.1の職場環境をつくります。

    行動指針「SIMPLE」をつくるにあたって

    わが社創立の精神である「わが社は、最新の理論と最高の技術を駆使し、最秀にして廉価で確かな製品を作ろう。そうして、われわれは、会社の成長と社員の生活向上をなし続け、平和で豊かで健全な社会づくり、科学と自然の調和した次代文化のさきがけとなろう。」から読み解き、当社の理想の姿を言葉で表現してもらうというブレーンストーミングを全社で実施しました。そこで出た言葉をヒントに、私たちの行動の判断基準は?何を大切に日々行動すればいい?の自問自答を繰り返し、SIMPLEを創り上げました。

    理念カードで浸透を図っていきます

    90周年式典では経営理念や社是、SIMPLEを、常に見える化できるように一枚のカードにまとめました。全社員がこのカードをもとに経営理念や社是、SIMPLEをについて振り返ることができるよう、OKWoMenとしても浸透に向けて、適宜啓蒙をしていきたいと思います。

  • 女性活躍推進についての取組み宣言【2022年度】

    全社員が集まる全体会合で、社長より「女性活躍推進」の取組み宣言がありました。

    • ●発表資料より、一部抜粋して紹介します。
    • ●単純業務は近い将来、一部RPA化(DX化)していきます。
    • ●そのため、将来的に業務量が少なくなると予想される、
    • ●一般職においては職域拡大、能力伸長やキャリア形成に積極的に取り組みます。
    • ●引き続き、業務の効率化については全社で取り組んでいきます。
    • ●また社員の成長を促すため、管理職のマネジメント能力の向上に努めます。
    • ●今期末に、コース転換の説明会を行う予定です。

    また、当社の女性活躍における、一般事業主行動計画は以下の通りです。

    1.計画期間  令和3年10月1日~令和6年9月30日

    2.当社の課題

    (1)約15年前に女性の総合職採用を始めたが、女性総合職が少ない。

    (2)女性総合職が少ないため、管理職に占める女性割合が低い。

    (3)ワーク・ライフ・バランス実現の取組み途上であり、社員にも十分に浸透しきれていない

    3.課題に対する取組内容と具体的対応策

    取組1:女性総合職を増やすための取組み

    (1)女性社員の職務拡大に関する取り組み実施(令和3年10月~)※一般職が工場で作業等

    (2)一般職(Jコース)から総合職(Mコース)へのコース転換への説明会の実施

    (3)管理職を対象とした女性部下育成の為の研修の実施。

    取組2:女性社員のキャリア形成支援

    (1)育児両立社員の活躍状況のHPへの掲示(令和3年10月~)

    (2)社内外で活躍する女性社員の講演会の企画・実施

    (3)女性のキャリア支援の為の交流の場を設ける。

    取組3:ワーク・ライフ・バランスの実現

    (1)残業時間削減に向けて、原因の究明と残業時間管理の厳格化(令和3年10月~)

    (2)タイムマネジメント研修を実施し、時間外労働削減に繋げる

    (3)有給休暇の計画取得に向けて取得予定表の作成

    4.目標  総合職に占める女性の割合を8.5%以上とする。

      割合 全社員に占める女性総合職数 入退社数
    令和3年10月 7.8% 女性総合職20名/256名  
    令和4年10月 8.1% 女性総合職21名/260名 定年退職2名 新入社員6名(うち女性1名)
    令和5年10月 8.4% 女性総合職22名/261名 定年退職3名 新入社員4名(うち女性1名)
    令和6年10月 8.8% 女性総合職23名/262名 定年退職3名 新入社員4名(うち女性1名)

    ※ 過去3年の総合職に占める女性の割合…平成30年4.9% 令和1年5.6% 令和2年6.1%

     

    目指すのは「誰もが個々の能力を最大限に発揮できる会社」

    多様な個性がそれぞれの能力をいかんなく発揮し、アイデア、知識を業務に活かすことが出来る環境を目指しております。

5つの取り組み

Copyright © 2008-2022 OKAWARA MFG.CO.,LTD. All Rights Reserved.