大川原製作所 企業サイトはこちら

コミュニケーション活性化

役職、部署、年齢の違い等に関わらず、
円滑なコミュニケーションが行われることで各人の能力や個性、知識が掛け合わされ、
相乗効果を発揮する組織を目指し、コミュニケーション活性化のための施策を検討する。

2017年度

  • 進行中
    イベントの企画、実施
  • 進行中
    社内インフラを活用した新たなコミュニケーションの場づくり

2018年度

活動報告

  • チームビルディングを目的としたワークショップをおこないました【2018年度】

    全社で大川原製作所の将来像“こうなりたいな”を共有しました

    90周年式典時に各部・課でチームに分かれ、会社の将来の姿(夢や目標)を一枚の台紙へビジュアル化していくチーム・ドリームマップというワークショップをおこないました。ドリームマップで描いた作品は食堂に掲示し、全社員で共有をしています。

    ワクワク度の高いチームを表彰しました

    作成したドリームマップについては、「ワクワク度」の高いチームを全社投票によって数チーム選出し、表彰を行いました。

  • いいね!ポイントカードを実施します【2018年度】

    ありがとうの気持ちを社員同士で伝え合います

    いいねポイントカードとは通称サンクスカードと呼ばれ、社員同士で感謝・讃える気持ちを手書きで書いて、相手に手渡すためのカードです。

    当たり前のような事だけど“ありがとう”を伝えたい行動(助けてくれてありがとう・手伝ってくれてありがとう…など)
    お客様とのやりとりで素敵だなと思う行動

    など、日常のできごとで“いいね”と感じた行動を褒めうことでコミュニケーションの活性化を図っていこうと思います。

  • 気持ちを新たに!作業着一新【2018年度】

    作業服決定までの道のり

    創業90年を迎えるにあたり、気持ちを一新することを目的に作業服の変更を行いました。機能や色等についての意見を聞き、全社員の意見を取り入れて以下の作業服に決定しました。

    2018年から作業服変更

    年始に行われた全社の会合には、全社員が新しい作業服で参加しました。

5つの取り組み

Copyright © 2008-2018 OKAWARA MFG.CO.,LTD. All Rights Reserved.