環境活動レポート 2018年度 環境活動レポート

1.組織の概要

1)事業所名及び代表者氏名

株式会社大川原製作所
代表取締役社長 大川原行雄

2)所在地

①本社・工場(敷地内の技術センター(静岡営業所含む)・第2研究棟を含む)

〒421-0304 静岡県榛原郡吉田町神戸1235 TEL:0548-32-3211 FAX:0548-32-7784
(静岡営業所) TEL:0548-32-3212 FAX:0548-32-9844

②東京営業所

〒140-0014 東京都品川区大井1-6-3(アゴラ大井町)TEL:03-5743-7461 FAX:03-5743-7460

③大阪営業所

〒564-0051 大阪府吹田市豊津町8-10(アドバンス江坂)TEL:06-6821-0341 FAX:06-6821-0508

④九州事業所(対象から除外)

〒856-0022 長崎県大村市雄ヶ原町1298-29アルカディア大村109号 TEL:0957-56-9858 FAX:0957-46-8041

3)環境管理責任者氏名及び担当者連絡先

環境管理責任者:取締役開発本部長 紅林勝
環境担当事務局:開発部  河村一臣
連絡先 TEL:0548-32-9741 FAX:0548-32-6844

4)事業活動の内容

環境保全装置や乾燥・造粒・混合・濃縮・遠心分離・分級抽出・濾過・殺菌・滅菌などの装置、及びサニタリー機器、これら関連装置の設計・開発、製造、販売、据付、保守点検及び修理

5)事業の規模(2019年1月1日現在)

製品売上高
86.2億円 
本社・工場 敷地面積
38,226m2
主要製品生産高
84.1億円 
東京営業所 延べ床面積
261m2
 
 
大阪営業所 延べ床面積
211m2
従業員
290人 
本社・工場 建築面積
11,621 m2
    技術センター(静岡営業所含む) 建築面積
4,476 m2
    第2研究棟 建築面積
379m2

※対象事業所 本社・工場(技術センター、第2研究棟含む)、東京営業所、大阪営業所

※九州事業所は2016年4月より事業を開始しておりますが、2020年2月から別会社を長崎県諫早市に設立・統合予定のため、当社EA21活動の対象事業所より除外しています。

6)その他事業の概要

 当社は1927年(昭和2年)の創業以来、最新の理論と技術を駆使し、多くの乾燥機、造粒機、濃縮機、ろ過機、混合機などを開発し、化学品・医薬品・食品業界のお客様へ納入してきました。そして、安全・品質・環境に関わる技術の最適な組合せにより、お客様の事業価値を高め、社会の発展に貢献する、さまざまな課題に取組んでいます。

 環境関連装置の重要性に早くから着目し、産業排水、し尿、下水の処理施設などから発生する汚泥などの処理用として乾燥機「スラッジ・ドライヤー」を開発し、数多くのお客様へ納入してきました。さらに流動焼却炉、円形焼却炉「エース」を開発しました。また、環境保全に適応した「伝導伝熱式乾燥機」「コンポスト化装置」「炭化装置」を開発し、お客様へ資源循環システムとして納入しています。最近の社会動向に照らし、高効率で低ランニングコスト、省エネルギーで液体の減容化(濃縮)が可能な「ヒートポンプ式高速旋回式真空蒸発装置」や、乾燥機の省エネルギー運転が可能となる「ファジィ制御システム」や「廃熱回収利用」CO2熱風ヒートポンプと乾燥装置の最適な組合せにより省エネルギー、CO2削減が可能な「ハイブリット乾燥システム」の開発・提案を積極的に行い、お客様と共に環境保全に取組んでいます。

 ユニークな構造で数々の特長を有するこれらの当社の装置販売先は、国内を主体に中国、韓国、台湾、東南アジア、米国、欧州など全世界を対象としています。